HOME >  HOUSE-e

HOUSE-e

ビニールハウス屋根専用太陽光発電システム再生可能エネルギーで低酸素型農業を実現。

ビニールハウスの屋根に多結晶型の太陽光パネルを設置。再生可能エネルギーを有効活用し、栽培環境制御システムを稼動させて、次世代低炭素型農業を実現させます!

低炭素型農業の実現

環境負荷を低減させて地球に優しい次世代低酸素型農業を実現します。

余剰電力の売電

余剰電力を売って、売電収入も得られます。
また、一般社会で電力消費の一番多い真夏には、ビニールハウスでは電気使用量がほとんどないため、多くの電力を売電でき社会のピークシフトにも大きく貢献できます。

エネルギーの自産自消

日中は再生可能エネルギーだけでの栽培用環境制御装置の稼動が可能となります。

張替え作業はご自身で可能

ビニールの張替え作業は生産者であるお客様ご自身にて可能な構造となっており、雨風の影響を受けないように製造しています。

HOUSE-iを使用して電力情報が確認可能

オプションのHOUSE-iと連携させることにより、発電量、売電量等の情報をPC、スマホ等で確認することが出来ます。

製品仕様

外形寸法 2018×1296
重量 約46kg/1枚あたり
太陽電池 (株)東芝製250W 多結晶型太陽光モジュール
パワコン (株)安川電機製3相200V10Kw

当社だけの安心アフターサービス

安心のサービス カスタマーサポートは丁寧な対応を心掛けています。 お問い合わせボタン
お客様サポートセンター:096-322-5135